コンピューターのことなどを綴ったメモ (旧:目から鱗 w/SQLite)

Jeans & Development 電子ブロック工房 三日坊主 フロントページ

MachiKania webの紹介 [プログラミング]

2020年8月22日

MachiKania webを紹介します。2020-08-20-mweb.png

MachiKania webは、MachiKania type M相当の物を、webアプリケーションとして実装したものです。以下のリンク先で、実行できます。

USキーボード通常画面
USキーボード大画面
JPキーボード通常画面
JPキーボード大画面

Cygwinを使ったFuzix v0.3のビルド [Fuzix]

2019年11月9日

Cygwin上でも、2019年11月現在最新版のver 0.3のビルドができる事を確認した。Cygwinには、予め次のものをインストールしてから作業を行なった。
gcc-core
gcc-g++
make
patch
bison
flex
libboost-devel
git
zlib
zlib-devel

Cygwinを使ったFuzixのビルド [Fuzix]

2019年11月7日

Cygwinでも、Fuzix ver 0.1のビルドができる事を確認した。ただし、Cygwinには予め次のツールをインストールしておく事。
gcc-core
gcc-g++
make
patch
bison
flex
libboost-devel
git
gitやSDCCもcygwin上でインストールしないとうまく行かない。gitに付いてはcygwin用のバイナリーが使えるが、SDCCに付いてはビルドが必要である。

FUZIX Kernelのビルドに挑戦 [Fuzix]

2019年11月3日

一つ前の記事では、先人の教えにしたがって、Fuzix ver 0.1のビルドを行なった。現在使用しているFuzixは、ver 0.3で、Tom's SBC 用に構築された物である。これのビルドもできるようにしておきたい。色々試したのち、ようやくビルドできるようになったので、メモ。

FUZIXのビルドに挑戦 [Fuzix]

2019年10月31日

FUZIXのアプリケーションをビルドするにあたって、色々環境を整備しないといけない。幸いにして、FUZIXをビルドしてみようというwebページで、FUZIXのカーネル・ツール・ディスクイメージのビルドの方法が紹介されており、参考にしてみたので、メモ。

Fuzix ディスクイメージ編集ツール、UCPの使い方 [Fuzix]

2019年10月28日

Fuzixのディスクイメージは、本家サイト(http://www.fuzix.org/)で配布されていて、そのまま使う事ができます。FZ-KM webやFZ-KM midiでも、ここから取得される「tomssbc-0.3.ide」を使っています。

これらのディスクイメージファイルを用いてFuzixを起動すれば、Fuzix内部でファイルのやりとりをする事ができますが、このままではFuzix外部とのファイルのやりとりができません。例えば、Z80用のアプリケーションは、CソースコードをSDCCを用いてコンパイルして作製しますが、この様にして作られたアプリケーションをディスクイメージファイルの中に取り込む事ができなければ、Fuzixで利用できません。

Fuzixでは、その為のツールとして、UCPを用意しています。ここでは、UCPのWindowsにおける使い方について見てみます。

FZ/KM web の紹介:Fuzixをwebアプリケーションで実行 [Fuzix]

2019年10月11日

FZ/KM web を紹介します。

FZ/KM webは、HTML5による、Fuzixの実行環境です。実行すると、以下のような画面になります。
2019-10-11-fuzix3.png

不正指令電磁的記録は、法案審議時にどう定義されたか [General]

2019年3月8日

現在、不正指令電磁的記録に関する罪(刑法第168条の2)で、逮捕者などが続出して、議論になっている。大きく分けて、議論は2つある。一つは coinhive(以下、コインハイブ)と呼ばれるサービスに関するもの、もう一つはブラウザーにおけるアラート機能の無限ループ(以下、アラート無限ループ)に関するものである。これらのうち、コインハイブについては現在裁判が行なわれている(2019年2月18日結審、3月27日判決予定)。

コインハイブに関しては、裁判の被告人だと思われる方が、経緯をブログで紹介している。また、高木浩光氏、片瀬久美子氏らによるブログ記事が詳しい。

仮想通貨マイニング(Coinhive)で家宅捜索を受けた話
緊急周知 Coinhive使用を不正指令電磁的記録供用の罪にしてはいけない
懸念されていた濫用がついに始まった刑法19章の2「不正指令電磁的記録に関する罪」
魔女狩り商法に翻弄された田舎警察 Coinhive事件 大本営報道はまさに現代の魔女狩りだ
Coinhive事件、なぜ不正指令電磁的記録に該当しないのか その2
警察庁の汚い広報又は毎日新聞の大誤報を許すな
「コインハイブ事件」の解説
コインハイブは不正指令電磁的記録に該当するか?

これらのブログ記事も含めて、現在、刑法第168条の2の法文と検察側・弁護側の主張を照らし合わせて、コインハイブなどがこの法律に違反しているかどうかが盛んに議論されている。様々な議論があって、詳細は他に委ねたい。他方、この法案審議時に、政府と国会議員との間でどういう議論があったのかは、現在までの所余り取り上げられていないと思われる。ここでは、法案審議時に時の法務大臣が不正指令電磁的記録をどう定義したかについて、議論したい。

Jeans CMSのバージョンアップその他 [Jeans]

2017年12月15日

Jeans CMSは、ver 1.1を10月に公表しました。詳細は、公式ページをご覧ください。このバージョンアップは、PHP7に対応するための物です。

これに伴ってというわけではないのですが、このサイトの運営用のサーバーを、OpenShiftから、Hostingerに引っ越ししました。ここのような小さなwebサイトだと、再安のプラン(月当り$2.15~$3.99)で十分のようです。加えて、SSL certificateが一度払い($9.99~$19.99)の年間管理費無しで付いてくるので、サイト全体をSSL化しました。

なお、machikania.netドメインの運営(ケンケンさんのMachiKania type Z公式ページへの転送)も、同じサーバーで行なっています。Hostingerの再安のプランでも、色々出来るようです。再安プランでの注意点としては、多量ファイルやディレクトリのアップロードにFTPを使う事でしょうか。ここだけ、平文パスワードでの接続になります。ただし、一度サイトを構築してしまえば、セキュアーな接続だけでサイト管理が出来るようになります。一つ上のプランだとSSH接続が出来るので、FTPは絶対にいやだという人は、上位のプランを選択すればよいようです。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

CP/KM web の紹介 [プログラミング]

2015年12月24日

CP/KM web (ver 0.5)は、HTML5による、CP/M (ver 2.2)の実行環境です。
2015-12-24-cpm.png
CP/KM webは、ここから実行できます
<<前の記事